拡大する写真・図版英国のハリー王子=AP

[PR]

 英王室のハリー王子(35)は19日、メーガン妃(38)と今春に公務から撤退することについて、公務継続を望んだがかなわなかったと初めて心境を明かした。英メディアは英国の欧州連合(EU)離脱を指す「ブレグジット」に重ね、メーガン妃の名前を掛けた「メグジット」や「強硬離脱」と紹介。商業活動が解禁される夫妻の今後に厳しい目線を向けている。

 英メディアによると、ハリー王子は19日夕、ロンドンでアフリカの子らを支援する慈善団体のイベントに出席。旧知の支援者らを前に「私たちの希望は、公的資金を受け取らずに、女王や英連邦、軍隊に奉仕し続けることだったが、残念ながらそれは不可能だった」と語り、望み通りの結論にならなかった無念さをにじませた。今後については「慈善活動や軍隊のコミュニティーを支援することに引き続き人生を捧げる」と述べるにとどめ、具体的な活動は明かさなかった。

 王子夫妻は当初、公務を継続しつつ財政的な独立もめざしたが、王室ブランドを維持したまま商業活動に乗り出すことへの批判は強く、公務からのほぼ完全な撤退と、高位の王族を示す「殿下」「妃殿下」の称号返上も余儀なくされた。(ロンドン=下司佳代子)