[PR]

 世界190カ国以上でサービスを展開する米国の動画配信大手「ネットフリックス」(ネトフリ)は20日、「となりのトトロ」や「風の谷のナウシカ」など、スタジオジブリの長編アニメ映画21作品を2月から順次、配信すると発表した。配信地域はアジアや南米、ヨーロッパ、アフリカなど全世界だが、日本と北米(米国、カナダ)は対象外となる。

 北米では米ワーナーメディアが今春から始める動画配信サービス「HBOマックス」で、スタジオジブリ作品を配信すると発表していた。同社の作品はこれまで、定額見放題のサブスクリプションサービスでは配信されていなかったが、両サービスでの配信開始をもって解禁となる。

 ネトフリによると、2月1日からは「となりのトトロ」や「魔女の宅急便」など7作品、3月1日からは「風の谷のナウシカ」や「もののけ姫」など7作品、4月1日からは「ハウルの動く城」や「風立ちぬ」など7作品を配信する。20言語の吹き替えと28言語の字幕に対応するという。

 ネトフリがフランスの配給会社…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら