[PR]

 松竹は20日、同社が製作する25日間の歌舞伎公演について、4月から新たに休演日を設けると発表した。東京・新橋演舞場で上演される「四月大歌舞伎」(3~27日)では15日が休演日となる。

 従来の松竹の歌舞伎公演は1カ月に25日間、原則として昼夜の2部制で休みなく行われてきた。だが近年、市川海老蔵さんが公式ブログで休演日の必要性を訴えるなど関係者の間で働き方改革を求める議論が起きており、改善をはかった形だ。