[PR]

 米国の求めに応じてカナダで逮捕された中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟副会長兼最高財務責任者(47)を米国に引き渡すかどうかの審理が20日午前10時(日本時間21日午前3時)、カナダ西部バンクーバーのブリティッシュコロンビア州上級裁判所で始まった。孟氏は保釈中で、足元にはGPS(全地球測位システム)付きの追跡装置がつけられていた。

 20日午前6時、雨がちらつく裁判所前。辺りはまだ真っ暗だったが、カナダの公共放送CBCはすでにテントを張って4時間後の開廷に備えていた。CBCによると、「世界中のメディアが傍聴のためのパスを申請した」という。

 午前9時半の時点で傍聴を希望する列は100人に達した。法廷内とガラスで隔てられた傍聴席約150席は全て埋まり、中国人とみられる傍聴者も目立った。

 孟氏は黒地に白の水玉模様が入ったワンピース姿で、午前9時40分に法廷に入った。ハイヒールをはいた左の足首には、GPS付きの追跡装置がつけられていた。これは、孟氏の保釈条件の一つだ。

 2018年12月1日に逮捕された孟氏が保釈されたのはそのわずか10日後で、米国が起訴するより前だった。他の保釈条件としては、保釈金1千万カナダドル(約8億4千万円)を納める▽バンクーバーに滞在し続ける▽パスポートを預ける――が定められた。

 現在、保釈金より高い1千数百…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら