[PR]

 甲子園で飲むビールにも、キャッシュレス決済が導入されることになった。阪神電気鉄道が今月、QRコードで決済を済ませる方式の「PayPay(ペイペイ)」の導入を発表した。3月4日から始まるプロ野球のオープン戦で、スタンドで売り子からビールやつまみなどを買う時に使えるようになる。

 売り子が持っているQRコードを客が自分のスマートフォンで読み込み、金額を入力すれば買うことができる。これまでは現金のみだったが、小銭の受け渡しをなくすことで決済時間を短くし、客の待ち時間を減らす狙いがあるという。

 今シーズン中にはスタンド以外でも、球場内の飲食店やグッズ店で利用できるようにする方針という。(神山純一)