【動画】86歳双子のおばあちゃんがつくるカレーライスが人気=才本淳子撮影
[PR]

 大阪・南船場の料理店が金曜の昼に出すカレーライスが人気だ。作るのは86歳の双子の「看板娘」。週ごとに変わる「隠し味」と、ていねいな仕事、さらに二人の人柄が相まって愛されるひと皿になっている。

 商業ビルが並ぶ一角にある「十代橘(じゅうだいたちばな)」。17日昼前、十代都喜子(ときこ)さん(86)がコンロの火をつけると、煮魚や総菜の香りが漂う店内にカレー鍋からスパイスの香りが広がった。妹の葛野都司子(くずのとしこ)さん(86)は店に掲げるホワイトボードに「海老(えび)フライカレー」と書き込む。

拡大する写真・図版金曜日のおまかせ定食(730円)はカレーライス。カレーのトッピングは毎週変わる。この日は揚げたてのエビフライだった=2020年1月17日午後、大阪市中央区南船場2丁目、小川智撮影

 正午すぎには、テイクアウトの客で行列ができ、店内でもカレーの注文が相次ぐ。ほぼ毎日来るという画家の稗田(ひえだ)麻里絵さん(33)は「クセになる味。毎回トッピングが何なのか、お二人と話すのも楽しみ」。

拡大する写真・図版大きな鍋に作ったカレーをかきまぜながら、お客さんと話す十代都喜子さん(右)と葛野都司子さん=2020年1月17日午後、大阪市中央区南船場2丁目、小川智撮影

 カレーは都喜子さんと都司子さんが火曜から仕込む。老舗洋食店で働いていた客に教わった調理法をもとに手間暇をかけて作っているが、二人は「普通のカレー」と謙遜する。

 「支え合って生きている」と言…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら