【説明タブ】【動画】400勝投手金田さんのお別れの会 長嶋さん・王さんら献花=恵原弘太郎撮影
[PR]

 プロ野球の投手として唯一の400勝を挙げ昨年10月に86歳で死去した、元ロッテ監督の金田正一さんのお別れの会が21日、東京都内で行われた。同じ時代を過ごした巨人の長嶋茂雄・終身名誉監督(83)や王貞治・ソフトバンク球団会長(79)、野村克也・元ヤクルト監督(84)、石原慎太郎・元東京都知事(87)らが献花した。

 会場には、グラウンドをかたどった祭壇のマウンドの位置に、初めて神宮球場で始球式をした2009年5月24日の金田さんの写真が飾られた。弔辞は巨人の原辰徳監督(61)が読み、「偉大な野球人の先輩である金田さんから頂戴したたくさんの教えは、私が後世に伝えていきます。安らかに、安らかにお休みください」と語りかけた。会場には国鉄時代の背番号「34」のユニホームや写真などが展示され、来場者が故人をしのんだ。

 金田さんは1950年に享栄商高(現享栄高)を中退し国鉄(現ヤクルト)に入団。左腕からの快速球と大きく割れるカーブを武器に2年目から14年連続で20勝以上を記録。その後、巨人でもプレーした。