[PR]

 昨年10月の台風19号で、浸水被害があった川崎市中原区の武蔵小杉駅周辺に建つタワーマンション住民らが21日、福田紀彦市長に水害対策を求める要望書を出した。

 内容は、町内会に加入していないマンション住民への緊急連絡の実施や、避難場所の確保、予備電源やポンプを高層階に移設する費用の支援など。周辺のマンション12棟(計6886世帯)の管理組合の要望をまとめた。このうちのタワーマンション1棟で地下に浸水して機械が故障、長期間停電した。(大平要)