[PR]

 栃木県那須町の障害者地域活動支援センター・りんどう作業所で21日、地元のそば好きが障害者にそば打ちを指南した。こね鉢やめん棒と格闘し、みんなで打ち立てのそばを味わった。

 伊王野地区のそば好きたちで作る「そばの里伊王野愛好会」が指南した。5年前から続くボランティア活動の一環。この日、9人がめん棒やこね鉢、包丁を持参した。

 “そば打ち名人”が模範を披露した後、11人の障害者が4班に分かれて挑んだ。そば粉とつなぎを練り上げる際には、会員が「手で上から押すようにして広げる。延ばすとひび割れるよ」と注意した。生地をめん棒で何回も延ばし、厚さ2ミリほどにしてから細く切って完成した。

 苦労の末に完成した手作りのそ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら