[PR]

取材考記

 私が開いている読者との対話型イベント「シネマニア・サロン」に昨年11月、俳優の50代女性が初めて参加してくれた。米国の俳優らの待遇改善を勝ち取った労働組合による「ハリウッドの働き方改革」を取材した記事(11月18日付朝刊)がきっかけだという。

拡大する写真・図版昨年11月下旬に開いた読者との対話型イベント「シネマニア・サロン」の様子=東京・渋谷、藤崎麻里撮影

 「記事を読んで、日本とのあまりの待遇差にびっくりし、矢も盾もたまらず来ました」と、女性は切々と語った。

 会場で彼女は、所属事務所を通じて最近受けたエキストラの仕事について語り始めた。車座で話を聞いた他の参加者も耳を疑うような「やりがい搾取」の実態だ。

 朝7時から夜11時までの16…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら