写真・図版

[PR]

 これまでの治療薬が効きにくいタイプの急性骨髄性白血病(AML)向けに、新しい分子標的薬が相次いで承認された。骨髄などの造血幹細胞移植も、合併症を予防しやすくなり、治療の選択肢が広がっている。

 東京都八王子市に住む岡本弘さん(60)は2016年、人間ドックがきっかけで精密検査を受け、急性骨髄性白血病とわかった。同時に「FLT3」という遺伝子に変異があり、治療が難しいタイプであることも告げられた。

 「俺ダメなんだ。移植もできないなんて」とショックを受けたが、この遺伝子変異がある患者を対象に、分子標的薬「FLT3阻害剤」の治験を医師に紹介された。治験に参加して薬を使ったところ、白血病細胞が激減。骨髄移植できる状態になり、同年5月に骨髄移植を受けた。

 昨年10月、合併症によって再…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら