【動画】「#余命短歌」でつづった闘病日々 「ダウン症でがんの息子を知って」=市川由佳子撮影
[PR]

 ダウン症で、知的障害のある青年が昨秋、亡くなった。4年前、血液のがんで余命半年を宣告された。母は「#余命短歌」のハッシュタグをつけてSNSに思いをはき出した。短歌とともに闘病中の表情などを紹介する1日だけの写真展が29日、甲府市の山梨県立図書館で開かれる。

 甲府市の玉井拓野(たくや)さん。昨年11月26日に死去、37歳だった。4人兄弟の長男。信州大医学部准教授の母、真理子さん(59)は「能天気で食べることが大好き。周りを笑わせてくれる存在だった」と話す。

 日常が一変したのは2016年1月。健康指導のため、半年ごとに通う病院で血液検査を受けた。数日後、思いもよらない病名を告げられる。形質細胞性白血病。症例は年間数例のまれな病気だった。医師は「あと半年」と言った。

 「なんで入院するの」。理解が…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら