脱「数式」、教室ごと揺らして体感 原進・名古屋大教授

有料会員記事

勝田敏彦
[PR]

 名古屋市千種区の名古屋大キャンパスの一角に、三角柱の形をした5階建てのビルがある。

 「減災館」といい、防災研究・教育啓発の拠点で、非常用電源や水、食料も備え、南海トラフ地震など大規模災害時には東海地域の「最後のとりで」にもなる。このビルの特徴は、実際に建物ごと揺らして地震の被害を抑える研究ができることだ。

写真・図版
減災館全体を揺らし、免震装置(左奥)が作動する様子を見学する学生ら=名古屋市千種区の名古屋大学、上田潤撮影

 昨年11月19日、建物を揺らす講義が行われた。100人以上集まった学生は二つの班に分かれ、講義と揺れを実際に体験した。

 だが、学生たちは地震工学や…

この記事は有料会員記事です。残り1675文字有料会員になると続きをお読みいただけます。