日活の無国籍アクション映画で活躍し、「エースのジョー」の愛称で人気を集めた俳優の宍戸錠(ししど・じょう)さんが、東京都世田谷区の自宅で亡くなっていたことが21日分かった。86歳だった。いずれも俳優の郷鍈治(ごうえいじ)さん(故人)は実弟、宍戸開さんは長男。

 1933年、大阪市生まれ。日大在学中の54年、日活が映画製作を再開するのに合わせてニューフェース1期生として映画界入り。「仕出し」と呼ばれたエキストラ役を経て、55年、「警察日記」の若い巡査役で本格的にデビューした。

 56年には、アクの強い顔に変えるため、頰を膨らませる美容整形手術をした。二枚目としては大きな注目を集めなかったが、悪役などで主役を食うほどの迫力をみせる。小林旭主演の「渡り鳥」シリーズや赤木圭一郎主演の「拳銃無頼帖」シリーズなどで、敵役としての地位を築いた。

 61年、斎藤武市監督の「ろくでなし稼業」で初主演。当時、日活が得意とした和製西部劇や無国籍アクション作品に次々と出演し、「エースのジョー」として親しまれる。代表作に鈴木清順監督の「野獣の青春」「殺しの烙印(らくいん)」のほか、「早射(う)ち野郎」「拳銃(コルト)は俺のパスポート」などがある。

 テレビにもデビュー当初から進出。「ダイヤル110番」やNHK大河ドラマ「国盗り物語」などのドラマにとどまらず、バラエティー「元祖どっきりカメラ」の司会や「警部マクロード」の吹き替え、料理番組「くいしん坊!万才」のリポーターなど活躍の幅を広げた。

 私生活では、2013年2月に自宅が全焼する火災に見舞われた。

 著書に、自身の人生と撮影所の歴史を組みあわせた小説「シシド 小説・日活撮影所」など。