[PR]

 複数のメディアが選手を取り囲んで話を聞くことを「囲み取材」と言う。記者会見ほど堅苦しくなく、記者にとっては、選手の思いやエピソードを短時間で聞き出す貴重な機会だ。

拡大する写真・図版男子高校生相手に練習する皆川(中央左)=2019年12月、東京都目黒区の自由ケ丘学園高校

 昨年8月、レスリング世界選手権前の公開練習。ペン記者が待つ輪の中に、日本協会の広報担当者が一番最初に連れてきたのが、女子76キロ級の皆川博恵(クリナップ)だった。

 選手によっては10分以上になることもある囲み取材。しかし、私を含めた記者からの質問が少なく、6分弱で終わってしまった。「他の子がみんな資格(五輪代表内定)を取って、私だけ取れないというのは避けたい」。か細い声で話す姿が印象に残った。

 女子レスリングが「お家芸」と呼ばれる地位を築いたのは軽、中量級の活躍によるところが大きい。皆川が戦う最重量級は、浜口京子がアテネ、北京両五輪で銅メダルを獲得した後は苦戦している。正直に告白すると、皆川への関心は相対的に低かった。

拡大する写真・図版昨年大みそかの年越し合宿で汗を流す皆川

 五輪をめざす選手に失礼な態度だったと思う。そんな後悔を抱いていたから、皆川が世界選手権で銀メダルを獲得し、五輪代表をつかんだときはうれしかった。最重量級での決勝進出は2006年の浜口以来13年ぶり。「これまでのレスリング人生色々あったんですけど、苦しいことにも耐えてきたのでよかった」

 「気合だー!」で注目を浴びた…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら