[PR]

 テニス・全豪オープンの第2日は21日、メルボルン・パークでシングルス1回戦が行われ、男子は世界ランキング1位のラファエル・ナダル(スペイン)らが2回戦に勝ち上がった。日本勢では、同146位の伊藤竜馬(北日本物産)が同123位のプラジネシュ・グンネスワラン(インド)にストレート勝ちし、全豪で7年ぶりに白星を挙げた。同91位の杉田祐一(三菱電機)は同231位のエリオ・ベンシェトリット(フランス)をストレートで下し、2年ぶりに2回戦に進んだ。同93位の内山靖崇(北日本物産)は同78位のマイケル・イマー(スウェーデン)にストレート負けを喫した。

 女子は同103位の日比野菜緒(ブラス)が同104位の彭帥(中)に逆転勝ちし、初の2回戦進出を決めた。同82位の土居美咲(ミキハウス)は同173位のハリエット・ダート(英)に1―2で敗れた。

■「いろんな思い、こみ上…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら