[PR]

 子どもと保護者が主体的に考える機会を奪う――。香川県職員の20代の男性がネットで実名を明かし、ゲームの利用を1日60分などに制限する県条例の素案に異論をとなえている。この職員が21日、取材に応じた。

 「県庁の一職員として、個人的に意見を述べさせていただく」。職員は、県議らの検討委員会で10日に示された素案への意見を、SNSに投稿した。

 職員は投稿で、平日1日60分、午後9時までなどとするゲームやスマートフォンの利用制限を一律に設けたことを問題視。「子どもが保護者と話し合ってルールを決め、納得したうえで守るという大切な学びの機会を奪う」と批判した。

 対象を「依存症につながるような使用」とする点にも、「専門家ではない保護者に、判断は難しい」と懸念を示す。

 さらに、県がこれまでに取り組…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら