[PR]

 中国中部の湖北省武漢市で集団発生した新型コロナウイルスによる肺炎の問題で、台湾当局は21日、台湾で初めてとなる感染者を確認したと発表した。発表によると、感染者は50代の台湾人女性で中国・武漢で働いていたという。20日に飛行機で台湾に戻った際、発熱やせきがあり、検査をしたところ、21日に感染が確認されたという。(北京=西本秀)