[PR]

 子どもが犠牲になる交通事故を防ぐため、警察庁は、道路の横断を禁じる「歩行者横断禁止」標識に、「わたるな」と平仮名で記載できるようにする方針を決めた。現行の標識令では「横断禁止」としか記載できないが、「わたるな」を選べるようになる。

 大津市で歩道にいた園児ら16人が死傷した昨年5月の事故を受け、子どもが日常的に使う道路の安全対策の一環として取り組むことにした。

 歩行者横断禁止の規制がされているのは交通量が多い道路などで、昨年3月現在、全国に1966区間(計2274・3キロ)ある。茨城や長野、静岡、三重、京都、兵庫、長崎、熊本など27府県では、子どもの利用が多い道路の標識に「わたってはいけません」「わたるな」「あぶない わたるな」といった補助プレートを添えていた。

 警察庁は2月18日までホームページなどでパブリックコメント(意見)を募っている。寄せられた意見を参考に標識令を改正する。(八木拓郎)