拡大する写真・図版中国・武漢市で、新型のコロナウイルスによる肺炎患者を治療する病院の医療スタッフ=ロイター

[PR]

 中国・武漢市で新型コロナウイルスの集団感染が起きた。中国が公開した新型ウイルスの遺伝情報から、わかることは何か。そもそも、コロナウイルスとはどんなウイルスなのか。専門家に聞いた。

 新型のウイルスのゲノム(全遺伝情報)は中国の研究者らによって、ネットに公開された。コロナウイルスを専門とする群馬大学の神谷亘(かみたに・わたる)教授(ウイルス学)によると、新型ウイルスは、2002年に重症急性呼吸器症候群(SARS)を引き起こしたコロナウイルスに近いことがわかる。

 新型ウイルスとSARSのウイルスの遺伝情報を比べると、非常に似ている領域では70~80%が同じだ。新型にはSARSにない配列もある。ただし、ゲノムだけでは、感染症を引き起こす能力「病原性」が高いかどうかはわからないという。

 ヒトに感染するコロナウイルスは、これまで6種が知られていた。4種は感染すると通常の風邪のような症状で、病原性は高くない。ただ、02~03年に流行したSARSと、12年に発生した中東呼吸器症候群(MERS)を引き起こすウイルスは致死率が10~30%とされ、病原性が高い。

 普通のコロナウイルスは基本的なたんぱく質を20個前後持っていて、SARSはさらに8個、MERSは5個多い。今回の新型ウイルスは、何個のたんぱく質を持っているかまだ不明だ。神谷さんは「風邪の症状の4種類と、SARS、MERSでどうして病原性が違うのか、厳密にはわかっていない」と話す。

 ウイルスの病原性の高さを科学的に判断することは、遺伝情報がわかっただけではできない。従来型と新型のウイルスを、同じ量で動物に感染させ、重症になるかどうかを比べる実験が必要になるという。

 ウイルスには、遺伝情報にDN…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら