[PR]

 イランの航空当局は20日、イラン側の誤射によって176人が犠牲となったウクライナ機撃墜事件について、2度目の予備報告書をネット上で公開し、ミサイル2発がウクライナ機に向けて発射されたと明らかにした。イラン当局は、航空機のブラックボックスの解析を試みている模様だが、データの読み取りに必要な器具などを所有していないといい、全容解明には時間がかかりそうだ。

 報告書は、ロシア製の防空システムによる短距離の地対空ミサイルが、航空機の北側から発射されたと説明。「発射の経緯などは調査中」としている。

 撃墜について全容解明のカギを握るのは、飛行記録を収めたブラックボックスだが、依然としてイランが保有している。イラン航空当局の事故調査委員会は「イランはブラックボックス解析のための器具を有しておらず、フランスや米国に購入と発送を求めているが、肯定的な返答がない」としており、解析は進んでいない模様だ。

 イラン航空当局は18日、ブラ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら