[PR]

 中国中部の湖北省武漢市で集団発生している新型コロナウイルスによる肺炎で、米疾病対策センター(CDC)は21日、中国から帰国した西海岸ワシントン州シアトル近郊に住む30代の男性の感染が確認されたと発表した。米国での感染確認は初めて。これまでに中国のほか、日本、韓国、タイ、台湾でも感染が確認されている。

 CDCによると、男性は武漢市を旅行後、15日にシアトルの空港に到着。その際は症状がなかったが、19日に異変を感じ、医師の診察を受けた。現在は地元病院に入院しているが、状態は良好だという。医師や看護師など医療従事者のほか、他の人に感染の恐れはないとしている。

 新型肺炎の流行を受けて米国では、先週からニューヨークのジョン・F・ケネディ空港、ロサンゼルス、サンフランシスコの空港3カ所で検疫を強化。今週中にシカゴ、アトランタの2カ所を増やし、武漢から米国に入国する旅客はこの5カ所の空港を使うようにするとしている。(ワシントン=香取啓介)