[PR]

 自動車やバイクを持っている人に加入が義務づけられる自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)について、金融庁の審議会は22日、4月1日から保険料を平均で16・4%引き下げることを正式に決めた。引き下げは3年ぶり。

 自動ブレーキなど安全装備を搭載した車の普及が進んで自動車事故が減り、保険金の支払いが減っていることを反映する。

 4月以降の自動車保険料(2年契約、沖縄・離島は除く)は、乗用車が2万1550円、軽自動車は2万1140円。現在の保険料に比べて、それぞれ4280円、3930円の値下げになる。

 一方、損害保険各社が販売する自動車保険(任意保険)の保険料は今年1月に平均3%引き上げられた。昨年10月の消費増税による修理代の上昇などを反映した。(新宅あゆみ)