[PR]

 眠れない夜にふらりとどうぞ――。福岡市中央区白金に店主のこだわりがつまったブックバーがある。本棚の本はあえてジャンルをばらして並べたり、風変わりなイベントを企画したり。開店から1年で、常連客らから100冊以上の本が寄贈され、人気を集めている。

 店名は「ブックバーひつじが」。羊が描かれた看板が目印だ。営業は午後5時から午前2時ごろまで。のれんをくぐって階段を上がると店主の下田洋平さん(32)が出迎えてくれる。

 メニューには「ひつじがのあそびかた」とあり、「よむ」「のむ」「はなす」「思案中」の四つの項目が並ぶ。

独特のルールが楽しいブックバーの魅力とは
本は、あえて「ばらばらに並べる」がルール。その面白さにはまるお客さんも多いようです。

 店内は約40平方メートル。カ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら