[PR]

 2023年の国民スポーツ大会・全国障害者スポーツ大会(国スポ・全障スポ)に向け、佐賀県が佐賀市日の出一帯で施設の整備を進めるSAGAサンライズパーク。現時点で、施設整備だけで540億円かける予定だが、過去の国体の施設整備費と比べると平均の4倍以上と、突出して多い。

 24年に国スポ・全障スポを開催する滋賀県は、16年に国体の開催経費に関する資料をまとめていた=表。それによると、競技施設の新設や改修の「施設整備費」は平均126億円。九州では大分県が22億円、長崎県が108億円だった。

 これ以外に「大会運営費」と「競技力向上費」がかかっている。平均はそれぞれ54億円、34億円。これを佐賀県に当てはめると、開催経費は628億円になる。平均の3倍だ。

 滋賀県の場合、大会運営費は8…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら