【動画】3月20日、香川県宇多津町にオープンする四国水族館がメディアに公開された=江湖良二撮影
[PR]

 香川県宇多津町で3月20日にオープンする四国水族館が、水槽の一部やイルカが泳ぐプールを報道各社に公開した。水槽は、鳴門海峡の渦潮や太平洋の黒潮などを再現し、四国ならではの自然を楽しめる。

 8500平方メートルの敷地に78基の水槽を設け、400種類の1万4千匹を展示する。幅11メートル、高さ5・5メートルの大水槽「綿津見(わたつみ)の景」は黒潮を表現していて、マダラトビエイやシイラなどの回遊魚が泳ぐ。

 「ハンマーヘッドシャーク」と呼ばれるアカシュモクザメも見られる。下から円形の水槽を見上げると、特徴的な頭の形がわかる仕掛けになっている。

 イルカが泳ぐ屋外のプールからは、瀬戸内海と島々が一望できる。水族館の担当者は「四国の水の景色を切り取ったような展示をめざしている」と話した。

 入館料は一般2200円、小中学生1200円など。3歳未満は無料。(石川友恵、江湖良二)