【動画】京都競馬場のコース内側全面に広がる池=佐々木崇暢、池田洋一郎撮影

「まだまだ勝手に関西遺産」

 春の天皇賞や菊花賞など、日本中央競馬会(JRA)最高峰のレースが開かれる京都競馬場(京都市伏見区)のシンボルといえば、コース内側に広がる大きな池だ。周囲約1100メートル。面積は約6ヘクタールと阪神甲子園球場の約1・6個分。内側一面が池になっているのは、ここだけだ。

 明治末期の地図をみると、後に競馬場となる予定地の中央にすでに池が描かれている。競馬場は1925年に開設された。「京都競馬場70年史」には「(競馬場の)土地は宇治川と淀川の中州の広大な湿地帯で、工事は難航をきわめた」とある。競馬場に聞くと、池は埋め立てきれずにやむを得ず残ったらしい。

拡大する写真・図版コース内側の全面が池になっている京都競馬場。かつてあった巨椋池の名残とも言われ、希少生物も生息するという=京都市伏見区、朝日新聞社ヘリから、遠藤真梨撮影

 競馬場ができた当時、すぐ東側に周囲約16キロ、面積約800ヘクタールの巨椋(おぐら)池があった。何か関係ありそうだ。

 巨椋池は現在の京都市伏見区、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら