[PR]

 中国で新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題で、市場は中国経済への悪影響を懸念し始めた。

 株価が大きく反応したのが旅行関連の業界だ。人々が感染を避けるため飛行機や鉄道に乗るのを避け、旅行をしなくなる可能性があるからだ。米ナスダックに上場している中国の旅行予約サービスのトリップドットコムの株価は21日、前日終値より8%近く下落。同じくナスダックに上場する華住ホテル集団の下げ幅は10%を超えた。

 中国人が旅行を控えるようになれば、訪日客が減り、日本経済にも悪影響が及ぶ可能性もある。

 中国の市場関係者の間では、1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら