[PR]

 医療機器メーカー「フィリップス・ジャパン」(本社・東京)と山梨県山梨市、市立牧丘病院を運営する山梨厚生会は23日、先進技術を活用した在宅医療の推進に向け連携協定を結んだ。

 市の地域医療への取り組み、同病院が訪問診療に力を入れていることなどを同社が評価。医師が訪問せずに診療する「オンライン診療」の研究や導入などに取り組む。

 調印式で高木晴雄市長は「地域医療の先進地として安心して暮らせるまちにしたい」と話した。同市で育った堤浩幸社長は「(在宅医療を)もっと充実させ、日本の標準モデルをつくる」と語り、健康データの分析拠点を設ける意向も示した。(永沼仁)