[PR]

 電気自動車(EV)用の設備工事にからみ、約2億円の所得を隠して脱税したとして、東京国税局が電気工事会社「トキワ電設」(横浜市港南区)と同社の秋元健吾社長(52)を法人税法違反容疑で横浜地検に告発したことがわかった。

 関係者によると、同社は自動車ディーラーから電気自動車を充電する設備の工事を受注した際、知人の会社が付帯工事の下請けに入ったように見せかけて架空の外注費を計上し、所得を圧縮。2018年9月期までの3年間に約5100万円を脱税した疑いがある。

 秋元社長は資金をいったん知人の会社の口座に振り込んでから、現金で戻させ私的な飲食に使うなどしていたという。

 同社は朝日新聞の取材に「修正申告を済ませ、納税も終了した。深く反省している」とコメントした。

 信用調査会社によると、同社はトヨタ系の販売店が主な得意先で、18年9月期の売上高は約6億7千万円だった。(中野浩至)