[PR]

 吉野川可動堰(ぜき)計画の是非を問う徳島市の住民投票から20年。「第十堰住民投票の会」の元メンバーらが2月1、2日、徳島市の万代中央ふ頭倉庫群のカフェ「ノースショア」などで記念イベントを開く。

 1日は作家でカヌーイストの野田知佑さんのトークイベントや、大熊孝・新潟大名誉教授の記念講演。2日午後1時からは、「『辺野古』県民投票の会」代表だった元山仁士郎さんらが登壇しシンポジウム形式で語り合う。時事問題に切り込んだネタを披露する芸人「せやろがいおじさん」や、玉城デニー沖縄県知事のメッセージ動画も披露される。

 参加費無料(別途ドリンク代500円)。問い合わせは「1億2千万のヒーローフェスタ」実行委(0884・24・9201、フェイスブックページhttps://www.facebook.com/20thyoshinogawa123/別ウインドウで開きます)。

 徳島市昭和町3丁目の「ヒューマンわーくぴあ徳島」では、とくしま社会運動資料センター(088・602・0532)がパネル展「吉野川第十堰の可動化計画と住民投票」を開催中。当時の資料約80点を展示している。30日までの午前10時~午後3時(24日午後~26日午前は休止)。(佐藤常敬)