[PR]

 安倍晋三首相の施政方針演説などに対する参院各会派による代表質問が23日午前に始まった。昨年の「桜を見る会」前日に首相の後援会が主催した夕食会の明細書について、首相は「どのような形であれ、第三者への公開を希望しないホテル側の意向を尊重すべきだ」と述べ、会場となった東京都内のホテルの意向を理由に公開を拒否した。

 立憲民主党の福山哲郎幹事長が「国会の秘密会で明らかにしたらどうか」と質問したのに対する答弁。首相は「ホテル側としては、営業の秘密にかかわるものであることから、公開を前提とした資料提供には応じかねるとのことだった」と強調した。

 また、施政方針演説で首相が「来年度予算の税収は過去最高となった」と述べたことについて、福山氏は「見通しに過ぎない」と問題視。首相は「適切な見積もりのもとに計上した。演説の表現に問題があるとは考えていない」と反論した。

 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告の国外逃亡をめぐっては、首相は「誠に遺憾」と指摘。「政府として経緯を解明するとともに、出入国時の手続きのいっそうの厳格化を図っている」と述べた。自民党の岡田広氏への答弁。