[PR]

 不妊治療で五つ子を妊娠したが、子宮内の胎児を減らす「減数(減胎)手術」のミスで全員を失ったとして、大阪府の30代の夫婦が産婦人科医院側に約2340万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が28日、大阪地裁である。減数手術は「命の選別だ」といった批判などから水面下で行われることが多いとされ、専門家はルールづくりが必要だと指摘する。

 「5胎(五つ子)は産めないから。このまま産むなら、あなたは死ぬよ」

 訴状などによると、長男がいた女性は第2子を求めて、府内の産婦人科医院で排卵誘発剤による不妊治療を開始。2015年6月に五つ子の妊娠がわかると、院長は女性にそう告げた。

 リスクを承知で5人とも産むか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら