[PR]

 中国中部の湖北省武漢市で集団発生した新型コロナウイルスによる肺炎の広がりを受け、政府は23日、中国の「感染症危険情報」を引き上げた。最も低い「レベル1」を21日に出し、注意を呼びかけていたが、武漢市に限定してさらに1段階引き上げて「レベル2」とし、不要不急の渡航をやめるよう求めた。

 感染症危険情報は、新型インフルエンザなど危険度の高い感染症に関係して外務省が4段階で出す安全情報。同省の基準では「レベル2」は、世界保健機関(WHO)の事務局長が「国際的に懸念される公衆の保健上の緊急事態」と認定する場合などとしている。WHOは22日の緊急会合で、判断を保留した。

 西村明宏官房副長官は23日午前の記者会見で、引き上げの理由について「様々な状況のなかで特別に引き上げることを決めた」と話した。外務省などによると、WHOの検討状況に加え、中国当局が武漢市への不要不急の渡航を控えるよう発表したことなどを判断材料にしたという。