百恵さんとの円満秘訣「ない」 三浦友和さんの家族論

有料会員記事

聞き手・黒田健朗
[PR]

 「トップナイフ 天才脳外科医の条件」(日テレ系、土曜夜10時)で、病院の脳神経外科部長、今出川孝雄を演じる三浦友和さん(67)。白衣姿での撮影を終え、インタビューに入る直前、「衣装、脱ぎましょうか」とスタッフから言われるとそれを制し、いたずらっぽく「お医者さんの気持ちでやらないとね」と話した三浦さん。飲み会では幹事役? つらい時代を支えたのは子育て? 好きなテレビ番組は「プレバト!!」。夫婦円満の秘訣(ひけつ)は「ないんです」。作品のことや子が巣立った親の気持ちなど、なんでも丁寧に答えてくれました。

 ――台本を読んだ感想は。

 難病を治すお医者さんのお話だけではなくて、医者たちがそれぞれ、悩みを抱えていたり、人間的にちょっと欠陥があったり。(主演の)天海祐希さん扮する医者が氷の女と言われている。個性のある医者がそれぞれ悩みを抱えているというのが面白いと思いましたね。その悩みが並行して描かれているので、そこら辺が見どころかも。

 ――ひょうひょうとしている今出川についてはどうご覧に。

 みなさんのまとめ役。自分が医療現場に出ていないので、指揮官のような……。いや、そこまでかっこよくないですね。人間性がよくわからない人なので、役のつかみどころがなくて、困っているんですよ(笑)。でも、1本芯が通っていて、こうすればという思いがあって、ほかのところから医師を3人引っ張ってきたのかな、っていう感じはしますけどね。3、4、5話と続いていって、それがまとまってくるかは僕としても楽しみではあります。

 ――「まとめ役」とみる今出川と普段の三浦さんで重なるところは。

 飲み会では必ず幹事をやっているので(笑)

 ――えっ、そうなんですか!?

 なんだかね、まとめ役はやっているかな。規模が大きいものではなくて、多くても7~8人の飲み会。

 ――お店の予約とか。

 そうです。こういう仕事をや…

この記事は有料会員記事です。残り4318文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら