[PR]

 中国中部の湖北省武漢市で集団発生した新型コロナウイルスによる肺炎が広がるなか、予防に重要なのがマスクだ。武漢市は22日、公共の場所でのマスク着用を指示。中国全土でもマスクの「爆買い」が起きており、ネット通販大手は供給を切らさないよう懸命だ。政府はマスクの増産方針を宣言した。

 中国メディアによると、同国のIT大手アリババ集団の通販では、21日までの2日間で8千万個のマスクが売れた。新型肺炎が広がるなか、中国全土のマスクが品薄になっており、一部の店舗では値上げが報道された。だが、行政側が値上げをしないよう要請し、アリババを含むネット通販各社も相次いで値上げしない方針を宣言した。

 ただ、24~30日の旧正月(春節)の休暇期間は、マスクの生産がほとんど止まるため、新型肺炎の予防はマスクの在庫をにらみながらの神経戦になりそうだ。

 アリババが国内92社の工場の…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら