拡大する写真・図版バドミントンの桃田賢斗

[PR]

 スポーツデータの分析、提供を行うデータ専門会社、グレースノートは24日、開幕まで半年となった東京五輪のメダル予測を発表し、日本の金メダル獲得数は世界3位の30個、メダル総数は同4位の65個とした。いずれも過去最多で、金メダルは日本オリンピック委員会(JOC)が掲げる目標の30個に達するとの予測だ。

 金メダル候補に挙がったのはバドミントンの桃田賢斗(NTT東日本)、競泳の瀬戸大也(ANA)、トランポリンの森ひかる(金沢学院大ク)ら。柔道は新採用の男女混合を含み15種目中13種目で金の予測。野球とソフトボール、新競技の空手、スポーツクライミング、スケートボードも有力とした。分析担当責任者のサイモン・グリーブさんは「日本は柔道と追加競技の活躍が大事」と話す。

拡大する写真・図版競泳の瀬戸大也

 メダル総数は過去最多だった16年リオ大会の41個からほぼ1・5倍増の65個(金30、銀24、銅11)で、117個の米国、87個の中国、66個のロシアに続いて4位になると予測した。

 ロシアは世界反ドーピング機関(WADA)が主要大会から4年間除外すると決めたが、個人資格で参加する可能性もあり、今回の予測は従来通りに出場する前提になっている。

拡大する写真・図版トランポリンの森ひかる

グレースノート社の予測は高い的中率を誇ります。どのようなスタッフがいて、計算式は競技によって違うのでしょうか。

 グレースノートは日本を含め世…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら