「がんになったら終わり」じゃないよ 先生からみんなへ

有料会員記事

大岩ゆり
[PR]

 岡山大学病院の一室に2019年10月末、遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)の女性たちが集まった。当事者会クラヴィスアルクスの月例会のため、司会を務める理事長の太宰牧子(51)は東京から、小学校教頭の西田久美子(51)は京都から訪れた。

写真・図版
当事者会クラヴィスアルクスの月例会で、報告に聴き入る西田久美子(中央)=岡山市の岡山大学病院

 西田は、自分が治療中に使っていたウィッグを太宰にプレゼントした。太宰が、卵巣がん治療のため抗がん剤を使うことになったと知り、準備してきた。

診断、涙、遺書まで書いた

 西田が異変に気がついたのは2018年3月。自宅で風呂上がりにテレビを見ていて、右手が右胸に触れた。硬い感触に「あれっ」と思った。近所の病院で、「浸潤がんで、紡錘(ぼうすい)細胞がん」の疑いがあると言われ、大学病院を紹介された。調べると、紡錘細胞がんは乳がんの1%にも満たない非常に珍しいがんだという。恐怖が押し寄せてきた。

 夫の和弘(47)と話し合った。長男(21)と長女(18)には夫から説明し、次男(10)には詳しく知らせないことにした。

写真・図版
家族への思いを話し、涙を浮かべる西田久美子

 なぜがんになったのか。これからどうなるのか。もし私が死んだら子どもたちはどうなるのか……。気持ちの整理がつかなかった。

ここから続き

 職場では気が張っていたが…

この記事は有料会員記事です。残り2429文字有料会員になると続きをお読みいただけます。