[PR]

 インドネシア政府がイスラム教徒の旅行客を増やそうと「ハラル観光」を推進中だ。しかし行き過ぎた対応は反発を生んでいる。(ムアラ=野上英文)

 ジャカルタで昨年4月、イスラム教徒向けの衣料や飲食を扱う商業地区「ハラルパーク」がオープンした。開所式でジョコ大統領が大号令をかけた。「世界最大のイスラム教徒を抱える国として、急成長するハラル観光の恩恵を逃すわけにはいかない」

 観光を外貨獲得の柱とするジョコ政権は、2016年にハラル観光推進加速チームを設け、施設やサービスを整備。130カ国を対象にハラル観光の対応度を評価する民間調査で順位を上げ、昨年はマレーシアと並んで首位に立った。ただ、一昨年の外国人観光客のうちイスラム教徒は340万人。マレーシアの640万人、シンガポールの410万人より少ない。

 ハラルパーク周辺では、国営企業が2500億ルピア(約20億円)をかけてイスラム観光客向けのホテルやモールの建設を進めている。ジャカルタ郊外では、世界最大という預言者ムハンマドの歴史博物館の建設計画が動く。カラ前副大統領は昨年11月、「アジアや欧州からも宗教観光の目玉になる」と期待を込めた。

 イスラム教徒が国民の9割近くを占める国だが、他宗教を含む多様性が国是でもある。ハラル観光の旗振りは、ときに物議を醸す。

 ロンボク島では、人気の高いリ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら