[PR]

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(当時10)が虐待死したとされる事件から24日で1年になる。「大人が正しい行動をしていれば」。心愛さんを知る人たちからは、悼む声が聞かれた。また、野田市の検証委員は23日、市や県柏児童相談所などの連携不足を批判する報告書をまとめた。

 「行政、学校、児相、親族を含め、大人のうち誰か1人でも正しい行動ができていればよかった」

 栗原心愛さんが一時身を寄せた野田市の父方祖父母宅の近くに住む女性は、こう話す。

 女性は、ランドセルを背負った…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら