[PR]

 大分県別府市の別府翔青高校の校門そばに、ブロンズ像が立っている。1989年2月、兵庫県での受験の帰りに高速艇事故で亡くなった首藤久美子さん(当時17)をしのぶ「乙女の像」だ。校内でもその由来は忘れかけられていたが、昨年着任した教師らの尽力で、31日に両親を招いて追悼式典が開かれることとなった。

 久美子さんは病院で働く父の姿を見て育ち、看護師を志していた。3年生の時に大分市であった看護体験にも、一生懸命に取り組む姿があった。夢の実現のため、兵庫県の看護専門学校を受験。事故は89年2月2日、その帰路で起きた。寒風吹きすさぶ淡路島の津名港防波堤に、久美子さんが乗る高速艇が衝突した。

 亡くなった久美子さんは合格し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら