[PR]

 大相撲の大関豪栄道(33)=本名・沢井豪太郎、大阪府出身、境川部屋=が初場所12日目の23日、8敗目を喫して2場所連続の負け越しとなり、3月の春場所で関脇に転落することが決まった。来場所10勝以上すれば返り咲ける。

 2014年名古屋場所後に大関に昇進。16年秋場所に初優勝を果たした。現行のカド番制度になった1969年名古屋場所以降で9位の長さとなる33場所在位し、負け越しが3番目に多い10度を数えた。

 大関から関脇への転落は、昨年名古屋場所後の貴景勝(1場所で復帰)から栃ノ心、高安と続いており、これで4場所連続。春場所の大関は貴景勝のみとなる見通しで、一人大関は82年初場所の琴風以来となる。