東京に出たかった。

 といっても、鈴木宏明さん(30)には「特別感」があったわけではない。地元・長野市で通った高校は進学校で、同級生の多くは大学入学を機に上京する。東京は「いずれ行く場所」だった。大学は受験できる科目から選んで北海道大へ。その次は当然、東京へと考えていた。

拡大する写真・図版鈴木宏明さん。東京都内に新たな拠点を置くことも考えている=東京都渋谷区

 「自分の時間を持ちたい。やりたいことを探したい」。だから、会社選びはあえてドライに。都心に社宅があり、定時で帰れて、それなりの給料が出る。条件を満たした第一志望の有名企業に入った。

 3年10カ月で辞めた。当時の業務内容が肌に合わなかったこと。末期がんだった母をみとったこと。いろんな要因があった。「家業を継ぎます」。辞める時、口から出たのははったり。迷いはなかった。

 人はリセットされた時にひらめ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら