長崎)水需要説明、委員「概ね了」 石木ダム再評価委

有料会員記事

原口晋也
[PR]

 長崎県佐世保市が県とともに川棚町に計画する石木ダムを巡り、市水道局は23日、利水面での事業再評価を「市上下水道事業経営検討委員会」(9人)に諮問し、初会合が開かれた。水需要予測について水道局から説明を受けた委員らは、「おおむね了」として、初日の審議を終えた。反対派は「公正な第三者委員会と言えない」と諮問中止を申し入れた。

 委員長の武政剛弘・長崎大名誉教授が委嘱状を受けた後、経営検討委員会(任期2年)の第7回目の会合として始まった。

 集ったのは、石木ダム建設も織り込んだ今後10年間の市の水道ビジョン作りを担った顔ぶれだ。それだけに武政委員長は「今回はゼロベースで予断を持たずに審議することが求められている」と念押しをした。

 水道局は「(ダムなどの)貯…

この記事は有料会員記事です。残り1094文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら