拡大する写真・図版人の姿がほとんどない武漢市内の様子(2020年1月23日、同市の住民提供)

[PR]

マスクも売り切れ

 がらんとした道路、商品が消えたスーパー、病院につめかける人々……。新型コロナウイルスによる肺炎が集団発生した中国湖北省の武漢市では、住民の生活に影響が出始めている。23日には市当局が公共交通の一時遮断に乗り出し、自分の結婚式を延期しなければならないと悩む男性もいる。電話に応じた地元住民らの言葉には、感染拡大への不安がにじむ。

 市内に住む大学教員の男性(30)は23日正午、買い物のために車で外出し、交通量の少なさに驚いた。普段は車でいっぱいになる道路にほとんど車が走っていなかったからだ。

 手元のスマートフォンに届いた…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら