[PR]

 0~5歳の子ども4人を自宅に約8時間放置したとして、兵庫県警は23日、神戸市須磨区宝田町1丁目の会社員、高島伸也容疑者(36)と妻の歯科衛生士、裕美容疑者(38)を保護責任者遺棄の疑いで逮捕し、発表した。両容疑者は当時、パチンコ店に行っていたといい、4人のうち生後3カ月の三男、政宗ちゃんが死亡した。

 須磨署によると、両容疑者は昨年11月26日午前10時45分~午後6時半ごろ、当時住んでいた同区前池町2丁目のマンションで、長男(5)、長女(3)、次男(1)と政宗ちゃんの4人を放置し遺棄した疑いがある。

 午後6時半ごろ帰宅した伸也容疑者が「子どもの意識がない」と119番通報。政宗ちゃんが搬送されたが死亡が確認され、病院が同署に届け出たという。

 両容疑者は当初、「子どもたちと寝ていた」などと話していたが、捜査でパチンコ店への出入りが判明。司法解剖の結果、政宗ちゃんに外傷はなく死因は不詳で、同署が遺棄と死亡の関連を慎重に調べている。

 他の3人の子どもは市こども家庭センター(児童相談所)に保護され、健康状態に目立った問題はないという。

■過去にも数時…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら