[PR]

 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題で、厚生労働省は24日、同市に住む旅行者で、40代男性の感染を確認したと発表した。国内で感染が確認されたのは2人目。

 厚労省によると、男性は14日から発熱があり、中国の医療機関を受診。肺炎の診断はされず、経過観察となり、19日に来日した。発熱やのどの痛みが続き、22日に日本国内の医療機関を受診したところ、肺炎の症状がみられたため、東京都内の医療機関に入院。国立感染症研究所が調べたところ、24日に感染が確認された。