[PR]

 中国・武漢で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が広がる中、中国からの便が発着する茨城空港が、感染防止の水際対策を強めている。中国では春節に伴う大型連休が24日に始まり、海外旅行する人が増えるため、茨城県内の観光施設やホテルも警戒している。

 茨城空港は上海、西安、南京など中国大陸の5都市との間に定期便・チャーター便が就航している。旅客ターミナルビル内ではこの日、航空会社の係員や警備員、売店職員のほとんどがマスク着用で働いていた。

 東京検疫所茨城空港出張所は、サーモグラフィーを使って到着便の乗客の体温を確認。24日からは上海便の客に健康カードを配布している。体調の悪い人やせき止めの薬を飲んでいる人は検疫官に申し出るよう伝えるなど、感染防止対策をとる。

 同日昼には春秋航空の上海便が到着。国際線到着口から出てきた中国人の旅行客にも、マスク姿が目立った。休暇で帰国した日系企業の上海駐在員も搭乗しており、自動車部品会社で働く水戸市の男性(55)は約1週間の一時帰国という。「久しぶりに自宅に戻れるのでホッとしている。上海でも感染への不安が高まっており、早めに中国を出たかった」と話した。

 一方、大子町の観光名所、袋田の滝では24日、料金所とエレベーターの乗り口に手指用の消毒液を設置し、中国語の表示を加えた。県ホテル旅館生活衛生同業組合も、約400の組合員に対し、ドアノブや洗面台の消毒徹底などを呼びかけている。

 県疾病対策課も、県民への呼びかけを県ホームページに載せた。武漢に滞在歴のある人が発熱などの症状を示した場合はマスクを着用し、事前に医療機関に連絡した上で、公共交通機関を使わずに受診に行くよう呼びかけている。(佐藤仁彦