[PR]

 第92回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援)の出場校が24日、発表され、加藤学園(静岡県沼津市)が春夏通じ初めての甲子園出場を決めた。県勢としては、2018年の静岡以来2年ぶりの選抜大会出場。県東部地区からは1995年夏の韮山以来の甲子園出場となる。

 吉報が届いたのは午後3時17分。電話を受けた加藤瑠美子校長が「ありがたくお受けいたします」と涙を浮かべて答えた。グラウンドで待機していた選手たちは、加藤校長から「決まりました」と告げられると、一斉に「いえーい」と叫び、喜びを爆発させた。

 加藤学園は1926年に女子高として創立。野球部は1996年に創部された。昨秋の県大会では島田商、常葉大菊川、静岡、静岡商など強豪を次々と破り準優勝。東海大会では大垣西(岐阜)、近大高専(三重)に勝利。準決勝では県岐阜商(岐阜)相手に終盤までリードしたが、延長戦の末、3―4で惜敗した。

 出場を決め、米山学監督は「ほ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも