拡大する写真・図版京阪電鉄の駅名がプリントされたチロルチョコ=2020年1月19日、大阪府守口市、米田優人撮影

[PR]

 「京橋」「枚方市」「六地蔵」……。京阪百貨店(本社・大阪府守口市)がバレンタインデーを前に、30日から京阪電鉄の57駅の駅名を包装紙にプリントしたチロルチョコの販売を始める。事前にネット販売を始めた限定品は、用意した200セットが完売するほどの人気だったという。

 駅名は京阪本線や大阪市内中心部を走る中之島線、宇治線などのものだが、「石清水八幡宮」「龍谷大前深草」「神宮丸太町」の3駅は文字数が多いため、含まれていない。1個80円(税込み)で、守口店とくずはモール店(大阪府枚方市)で2月14日まで販売する。

 限定品は5400円(税込み)と高額だったが、1月16日からネット販売を始めると、1週間で完売。駅名の57個と車両の2個のほか、京阪電鉄のキャッチコピー「京阪のる人、おけいはん。」がプリントされたものが1個と、計60個が入っていたという。

 店頭では駅ごとにチョコを陳列する予定で、すべての駅を購入できる。チョコはミルク味で甘いが、企画担当者は「全駅名を覚えるのは、そんなに甘くないですよ」。

 問い合わせは守口店(06・6994・1313)かくずはモール店(072・836・1313)。